為書き・必勝ビラ・檄ビラなら手書きで1枚1枚丁寧に仕上げます。直接、筆で書きますので。活字と違い迫力があります

選挙為書き・必勝ビラ・檄ビラのことならお任せ下さい

選挙

零和二年は、明治二十に年の衆議院選挙法の公布から百三十年です。選挙制度は時代の社会制度に適応し改正を繰り返しています。近年では、平成六年の小選挙区比例代表制、平成十二年の参議院の非拘束名簿式代表制の導入など様々な改正が行われています。

日本における選挙制度は、明治十一年(万民口論ニ決ニ決スベシ)という明治維新の精神にのっとり制定明治二十二年(大日本帝国憲法)に合わせ衆議院議員選挙法が交付されます。これと相前後し市制町村制及び府件制が制定され、地方議会議員の選挙制度も確率されます。

選挙権歴史

明治22年 選挙権・被選挙権
年齢25歳以上の日本臣民であり男子15円以上の直接国税を引き続きおさめ1年以上府県内に住居している者、被選挙人は30歳以上で住居・納税は選挙権に準ずる位

明治33年 選挙権・被選挙権
納税要件が緩和され、地租10円以上

大正8年 選挙権・被選挙権
納税要件税の種別を問わず3円以上、住所要件は1年を6カ月に短縮

大正8年 選挙権・被選挙権
明治22年の選挙法依頼納税要件が撤廃、ようやく男子普通選挙制度が採用。

昭和20年 選挙権・被選挙権
選挙権は25歳から20歳に被選挙権は30歳から25歳に引き下げ女子にも男子と同じ権利が与えられる

平成28年 選挙権18歳で有資格

ざっとですが、記載しました。男女普通選挙は戦後からですが、やはり敗戦のえいきょうでアメリカに準拠しています。
各国選挙権年齢は、16歳 - オーストリア
17歳 - インドネシア・北朝鮮
18歳 - アメリカ・イギリス・イタリア・イギリス・カナダ・フランス
19歳 - 韓国
20歳 - カメルーン・台湾
21歳 - クウェート・シンガポール・パキスタン・マレーシア
25歳 - アラブ首長国連邦
日本でも18歳以上となりましたが世界では176か国が18歳未満です

戦前女性の参政権がなかった野蛮な国だったんだとおもわれますが、スイスの女性参政嫌権獲得は1971年です。世界最初はニュージーランド1893年です

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional